トヨタ3つの先進安全装備 トヨタセーフティセンス(TSS)

ホーム › トヨタ3つの先進安全装備

Toyota Safety Sense


Toyota Safety Sense C

トヨタ初搭載 予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense C*1
2種類のセンサーで危険を感知し、3つの機能で事故に備えます。

< 2種類のセンサー >
レーザーレーダー(距離を認識する)単眼カメラ(形状を認識する)

< 3つの機能 >

  • ブルクラッシュセーフティシステム
  • レーンディパーチャーアラート
  • オートマチックハイビーム

衝突の回避や衝突時の被害軽減をサポート

プリクラッシュセーフティシステム

警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキの3段階で衝突を回避、または被害軽減をサポートします。
レーザーレーダーと単眼カメラの2種類のセンサーで前方を監視。
先行車の動きや自車との距離を見張っています。

  • 自動ブレーキは自車速度約10km/h~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。
  • プリクラッシュセーフティシステムはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。
  • 数値はトヨタ自動車(株)測定値。

夜間の歩行者などの早期発見に貢献

レーンディパーチャーアラート

単眼カメラで道路上の白線(黄線)を認識しながら走行。ウィンカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性があるとき、ブザーとディスプレイ表示で注意を喚起します。

  • 自車速度約30km/h以上で作動します。
  • ハイ・ロービームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時には常に周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。
  • 道路状況および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。

車線逸脱による事故を未然に防ぐために。

オートマチックハイビーム

夜間走行時に、単眼カメラのセンサーが周囲の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えます。切り替え忘れを防ぎ、手動操作の煩わしさも軽減し、遠くまで照らせるハイビームでの走行頻度を高めることで、ドライバーの前方視界確保をアシストします。

  • 自車速度約30km/h以上で作動します。
  • ハイ・ロービームの切り替え自動制御には状況により限界があります。運転時には常に周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。
  • 道路状況および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。

Toyota Safety Sense P

トヨタの「実安全の追求」から生まれた先進の歩行検知機能を搭載した衝突回避支援パッケージ。
ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した高密度な検知センサーにより、
クルマだけではなく、歩行者の認識も可能になり、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。
4つの先進的な安全機能をパッケージ化しました。

〈2種類のセンサー〉

ミリ波レーダー(遠方の先行車検知に有効)・単眼カメラ(物体の形や大きさを識別)

  • ブルクラッシュセーフティシステム
  • レーンディパーチャーアラート
  • オートマチックハイビーム
  • レーダークルーズコントロール

衝突の回避や
衝突の被害軽減をサポート

プリクラッシュセーフティシステム

(歩行者検知機能付き衝突回避支援型)

ミリ波レーダーと単眼カメラの2種類のセンサーで前方を監視。前方の歩行者や、車両との距離や動きを高い精度で見張っています。

車線逸脱による事故を未然に
防ぐために。

レーンディパーチャーアラート

(ステアリング制御機能付)

単眼カメラで道路上の白線(黄線)を認識しながら走行。ウィンカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある時、ブザーとディスプレイ表示で注意を喚起します。

夜間の歩行者などの
早期発見に貢献。

オートマチックハイビーム

(ステアリング制御機能付)

夜間走行時に、単眼カメラのセンサーが周囲の明るさを検知し、ハイビームトロービームを自動で切り替えます。切り替え忘れを防ぎ、手動操作の煩わしさも軽減し、遠くまで照らせるハイビームでの走行頻度を高めることで、ドライバーの前方視界確保をアシストします。

長時間ドライブの
運転負荷を軽減。

レーダークルーズコントロール

(ブレーキ制御付/全車速追従機能付)

ミリ波レーダーによって、先行車を認識、設定した速度内で適切な車間距離を保ちながら追従走行。高速道路などでの長時間運転時の負荷軽減に寄与します。


衝突回避支援システム(スマートアシストⅡ)

ヒヤリに備える5つの柱

運転中の「ヒヤッ」に備えて、先進の安全機能を前にも後ろにも搭載。

衝突回避支援ブレーキ機能*1

低速から中速まで広い車速域で、先行車との衝突の危険性が高まった場合に緊急ブレーキで減速。衝突回避または、被害軽減をサポートします。

*1. 緊急ブレーキの対象は車両のみとなります。

誤発進抑制制御機能

レーザーレーダーにより、前方に車両や壁などの障害物を検知している時に、シフトポジションを「前進」にしたままブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み込んだ場合、急発進を抑制します。

後方誤発進抑制制御機能

ソナーセンサーにより、後方に壁などの障害物を検知している時に、シフトポジションを「後退」にしたままブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み込んだ場合、急発進を抑制します。

衝突警報機能(対車両・対歩行者)

走行中に前方の車両や歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合に、ブザーとディスプレイ表示でお知らせします。

車線逸脱警報機能

道路上の車線を認識後、車線から逸脱しそうになると、ドライバーへ警報し、逸脱回避操作を促します。

先行車発進お知らせ機能

信号待ちなどで前のクルマが発進したことに気づかない時、ブザーとディスプレイ表示でお知らせします。


このページの先頭へ